メニュー

注射

様々な効果効能が

近年、東京でも高濃度ビタミンC点滴を行うクリニックが増えてきています。高濃度ビタミンCを点滴で直接注入することで美白やニキビケア、免疫力の向上、抗がん効果などが見込めます。費用は高いですが安全性は高いのが魅力的です。

看護師

急性期病院と回復期病院

脳梗塞を発症すると何らかの後遺症が残ると言われています。後遺症に向き合い、少しでも回復させるには本人の意思と家族の支えが必要と言われます。また、リハビリが重要である事に間違いは無く、回復期病院を退院して自宅に戻ってからも継続する事が必要です。

女性

様々な効果が魅力の治療法

高濃度ビタミンC点滴はアンチエイジングから疲労回復、更にさがん予防にも効果的とされています。その為、注目度が高い治療法となっているので、東京都内で探す場合には予約の取りやすさも考慮して選ぶ様にすると良いでしょう。

診察

少しずつ治しましょう

脳梗塞は治療と並行してリハビリによって本来の機能を回復させることになります。以前までの暮らしに戻るために焦る気持ちはあるでしょうが、無理をせずに少しずつ治していくようにしましょう。また、厳しい時こそ前を向いて治療やリハビリに取り組むことが大事です。

医師

すぐに効くと評判の療法

美容効果を狙ってビタミンCを含む化粧品やサプリを利用する人は多い。しかしなかなか体内に十分な量が到達しない。そこで高濃度ビタミンCを点滴する方法が注目されている。専門能力の高い医師であることと、東京などの通いやすい立地で長期間通院を続けられることがクリニック選択の基準である。

退院後の維持期の送り方

医者

家族のサポートが必要

脳梗塞は脳への血流が血栓により詰まってしまう病気で、手足が動かなくなったり、うまく喋れなくなったり、時には意識レベルの低下が現れます。脳梗塞を発症すると約20%の方が亡くなり、後遺症なしに退院出来る方は20%です。そして残りの60%の方には何らかの後遺症が残ります。後遺症を残して退院した後で大切になるのはリハビリです。退院後は症状に応じて血栓を溶かす薬や、血液の流れを良くする薬で治療を行いますが、血圧や脈が安定してきたらリハビリを始める必要があります。脳梗塞のリハビリは急性期、回復期、維持期の3段階があります。急性期と回復期におけるリハビリは病院やリハビリ施設などで行われ、常にスタッフの指導や監視をしてもらえる状況にあります。又、リハビリ内容も症状に応じて考えられるので心配はいらない状況にあります。しかし、リハビリで気をつけたいのは退院した後の家庭内での維持期の送り方になります。病院でのリハビリが終わり、退院して自宅に戻った時には、本人も家族も安心してしまいますが、同時にこれからの生活に不安も出てきます。また、これまで順調だったリハビリに効果を実感できなくなる時期でもあります。脳梗塞になった直後は急速に回復しますが、その後の回復はゆっくりと進む事になり、リハビリの効果を感じられない事が続きます。この様な時期、出来ない事ばかりが気になり、本人は強い不安感を抱く事になります。この時に必要なのは家族の励ましであり、出来ない事を責めて不安を煽る事は絶対に避けなければなりません。

Copyright© 2018 脳梗塞発症後のリハビリについて【維持期の正しい送り方を学ぼう】 All Rights Reserved.